楽天銀行カードローン体験談

職業は正社員です。年収は440万円です。利用開始時は300万円の借り入れでした。現在は200万円になっています。


 

借入を行おうとした理由と借入を行うまで

 
両親が退職などを繰り返していた関係で、大学の学費などを出してもらうことが出来ず、やむなく奨学金を利用していたほか、自分でもアルバイトを掛け持ちして稼いでいました。しかし、大学生活はゼミの合宿など、出費も多く、クレジットカードなどを利用して自転車操業しなければならない状況が発生した状況がずっと続いていました。運良く収入は毎年確実に上がっていたので、何とか資金を回転させられていたのですが、リーマン・ショックのころから給与が上がらなくなり、しかもその頃から知人の結婚式や親戚の法事など、多額の出費が断続的に発生してしまいました。
 
数枚のクレジットカードで何とかやりくりをしていましたが、毎月の返済額合計が月の給与の1.5倍になるに至って、これではいつか破産してしまうと思い立ち、当初は債務整理を行う予定でした。ネットでいろいろと調べたところ、銀行系カードローン会社が複数の債務をまとめることで毎月の支払金額を押さえられ、さらに最終的な支払総額も安く上げられるおまとめローンをやっているという情報を入手しました。これを利用すれば信用情報に傷が付くことなく、債務をしっかりと返済できると考え、申込みを行いました。

 

該当カードローンを利用しようと思った理由と借入までの流れ

 
銀行系ローン会社が多数あるというのは調べた結果から判明していましたが、楽天銀行にしたのは以下のような理由があります。まず、他のネットバンキングは知名度の面でなじみがなかったことです。楽天は普段からオンラインショッピングを利用しており、なじみ深い存在でしたし、楽天イーグルスの活躍は報道などでよく知っており、安心感がありました。次にまとまった金額を収入証明書なしで借りられそうだったことがあります。私が借りた時点で200万円までであれば、収入証明書が不要で、しかもオンライン手続きのみで完了するというのはかなり魅力的でした。
 
また、楽天市場をよく利用している会員であれば審査に関して優遇があるというのもメリットでした。実際にいくつか申し込んだうち、断られたところもありましたが、楽天銀行は当初申込みの200万円からさらに枠を広げてくれて、300万円という私の借入額全額を用意してくれました。また、金利についても8%というかなりの減免処置をしてくれたので月々の返済が確実に出来るという見込みが立ちました。そしてなにより審査担当の窓口の方の応対が大変に丁寧だったことです。こちらとしてはかなり大きな金額を借りることになるので不安なことも多々あるわけですが、そうした点についても一つずつしっかりと丁寧に回答をしてくれたのはかなりの好印象でした。
 

借入から返済まで 実際に利用しての感想

 
楽天銀行へ申し込んだ翌日には審査開始の電話連絡があり、その時点で「これから在籍確認をします」という予告まで頂いてしまいました。在籍確認完了後に再び電話で連絡をいただき、事務手続きが完了した旨と審査合格をお知らせいただきました。さらに私の状況であれば300万円まで枠が出せるがどうするか、という確認がありました。総借入額からの判断だったのかもしれませんが、私にとっては渡りに船でしたので、その場でOKを出すとローンカードの発行・発送手続きに入るという趣旨の説明と届いたあとに実際各カード会社へどのように返済の連絡をしたら良いかという説明もしてもらえました。
 
私の場合は楽天銀行に口座がありましたのでそちらを利用することで、毎月の支払日を任意に設定できましたので、忘れないように1日にしました。これまで全く無理なく返済できています。支払額もぐっと抑えられましたので、かなり余裕が出来ました。知人の結婚式が重なるなどでどうしても予算以上の出費をしなければならない状況が生じることが年に2回くらいありますが、楽天銀行のカードローンのおかげで余裕を持った生活を送ることが出来ています。一時は破産手続きまで考えていたのが嘘のような状況で、楽天銀行のおまとめローンには本当に感謝しています。